新型ヴォクシーのタイヤサイズやインチアップ、タイヤ交換は?

ヴォクシー

新型ヴォクシーのタイヤサイズはグレードで変わってくる。




昔はスタッドレスタイヤが必要なかった地域でも雪が降りだし、買わないといけなくなったと言っていた友人がいたがお店にお願いすれば工賃が発生してしまう。

安くするには、どうしたらいいか考えた。

更にヴォクシーでカスタムするオーナーは昔から多いので参考にドレスアップするので必要なタイヤサイズなども紹介する。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ヴォクシー タイヤサイズ

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーの準備されているタイヤサイズは以下になる

195/65R15 ホイール6J

205/60R16 ホイール6J

205/55R16 ホイール6J(BBS製なので軽い)

205/50R17 ホイール6.5J

215/45R18 ホイール7J(GR SPORT)

 

メーカーで準備されているサイズは、種類が沢山ある。

自分でインチアップしインターネットでセット品を購入すれば店頭で購入するよりも安く買うことができ得をするが、現在装着しているタイヤのみ交換であれば側面に書いてあるサイズを確認して注文するだけでいいので、とても簡単だ。

 

そこで、15インチから17インチにインチアップす時に必要な計算式だが

(タイヤ幅X偏平率)X2+(リム径X25.4)

(例)195/65R15

195×0.65×2=253.5

15×25.4=381

254+381=635(外径)

インチアップで、205/50-17を使用の場合外径は637になるので問題ない。

 

タイヤサイズは、ドアに貼ってあるシールに記載されているタイヤサイズを基準に外径計算をすれば簡単に出すことができる。(荷重指数もとても大切)

どのタイヤもそうだが、扁平率が薄くなればなるほど1本当たりのタイヤの値段が高くなり乗り心地やロードノイズも増えるのでメリットもデメリットもどちらもある。



新型ヴォクシー タイヤ交換安くするには

写真撮影:M,M

販売店に確認が必要だが「預かり」をしてくれる店舗もある

春に夏タイヤに履き替え・冬に冬タイヤに履き替え(外したタイヤは、倉庫で保管)

雪が降る地域では、両方のタイヤが必要になり保管する場所が無いケース履き替え時にわざわざ持ち込むのが面倒なケースなどで大変役立つサービスが用意されている。

以前所有していたクロカンのタイヤを、ディーラーで保管してもらっていたが保管料が大体18,000円だった。

ジャッキで上げてタイヤ交換するクルマは工賃が少し高く、1台分の履き替え工賃が6,480円かかる計算なら十分に元がとれて時間短縮にもなる。

 

写真撮影:M,M

ディーラーでタイヤ交換するユーザーは、保管サービスがあるのなら使った方がトータル安くすむ。

※保管料金は、タイヤサイズで決められるので直接確認が必要

 

量販店にてタイヤのゴムだけ購入し、その時にかかる組替え・バランス・脱着(大体6,480円)を安くしてもらったり期間中のキャンペーンなどで工賃が半額になることも珍しくないので履き替えシーズンを狙って動くと得することが非常に多い。

トヨタグループで、タイヤ交換を行って値引きしてもらえたなどと言ったことは今のところ聞いたことがないので安くするなら量販店がいい。

 




タイヤ交換は、どこでしたら一番安い?

https://toyota.jp/voxy/

タイヤ交換の費用(脱着のみ)を、先ずは把握しないといけない

軽自動車1台分 2,100円

普通車1台分  3,240円

SUV1台分   6,480円

※外車もSUVと同じ工賃のケースは多い

大体こんな感じなのではないだろうか。

中には、軽自動車と普通車が同じ値段(3,240円)になっていることもあるので交換する前に電話か、インターネットの専用ページの料金表で確認できる。

 

ここで本題に入るが、どこですればタイヤ交換が安くなるか

写真撮影:M,M

1、ガソリンスタンドでの注意点

タイヤが摩耗して要交換だったり、製造年数がかなり経過している、見た目の状態が悪いなどあれば店員は素早く飛んでくる。

スタンドにもよるが、販売員1人1人に課せられたノルマが存在するので何か見つければ直ぐに伝えてくれる。

しかし、押しに弱かったり知識があまりなければ交換する方向に持っていかれるのでいらない時は、ハッキリ断らないといけない。

 

2、量販店での注意点

持ち込みタイヤでの脱着作業の工賃を交渉するのは難しいので、初めから脱着料金が安いお店を探しお願いする。

量販店もタイヤの状態を見て、走行するのが難しそうなタイヤであれば必ず伝えてくれるのでしっかり説明は聞かないといけない。

タイヤをローテーションで、取付け位置を決めていても相手に伝わっていないこともありクレームに発展することがあるのでタイヤに目印を貼るなど事前にしとかないといけない。

 

3、ディーラー

「タイヤ交換にお金を払ったことが1度もない」と言っていた知り合いもいたが、本当のことは良く分からない。

ディーラーでタイヤ交換しても、量販店の工賃とあまり変わらず作業したい時は予約しないといけない。

飛び込み作業は、基本してくれない。

 

写真撮影:M,M

タイヤ交換の工賃は、どこも変わらないがハッキリ言えるのがディーラーでの交換はメリットが沢山ある。

子供の遊ぶスペースがしっかり準備されている(面積が大きい)待ち時間中に飲み物を提供してくれ最新の展示車が見ることができ、待合室も広くゆっくり過ごすことができるなど、違ったところで満足がいくサービスを受けることができる。

ディーラーなどは、タイヤ交換時予約制になっているので始まる時間から作業終了時間まで把握することができ時間を有効活用できる。

専門店で交換する時は、大口径ホイールを得意とするお店はは信頼して任せれるのでドレスアップしているクルマはおススメだ。

 

新型ヴォクシーのホイールサイズとドレスアップ

写真撮影:M,M

自身でインチアップする時のタイヤサイズ+ホイールサイズが分かれば何がいいのか。

 

答えは、安く購入できる

 

これは、断言してもいいだろう

ホイールを安く購入するにはホイール専門店を検討する人の割合が多い。

ホイール専門店は沢山のメーカーと取引をしているので、お店によって値引きしやすいメーカーなどがあり、販売実績があるお店程値引きに期待ができる。

ホイールブランドでも低・中・高と言ったランクが分かれているので安いと思ってインターネットで購入したら似せているホイールだったりすることもあるのでインターネットで購入する時は安いからと言って購入に踏み切ったら後で恥ずかしい思いをするかもしれない。

https://toyota.jp/voxy/

以前別の記事でもカスタムを紹介したが、基本2インチごとにホイールの大きさを変えないと以前履いていたサイズと雰囲気が変化しない。

新型ヴォクシーのタイヤとホイールサイズは初代のヴォクシーと比較してもサイズが変わっていないがホイールのオフセットは気を付けないといけない。

 

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーをドレスアップする時に選ぶタイヤサイズは

215/45R18   ←→ 225/40R18

225/35R19   ←→ 215/35R19

サイズで引っ張りタイヤにしたり見た目を変更するアレンジも色々ある。

オフセットは50の設定が多いが、48も装着可能だ。

しかし車高を落とさないとはみ出して入庫拒否や車検が通らないなど大変なことになってしまうのでホイールのJ数とオフセットは絶対間違えたらいけない。

ホイールを大きくすれば、一段とカッコよくなる。

しかし、タイヤとフェンダーの隙間がノーマル車高だとかなりある。

カタログの写真はタイヤとフェンダーの隙間は全然気にならないが現車を見ると隙間がかなりあるのが一目瞭然だ。

カタログの写真は、どうやってカッコよく撮影するかの拘りが凄いのでカタログだけでクルマの雰囲気を鵜呑みにしてはいけない。

新型ヴォクシーのタイヤサイズやインチアップ、タイヤ交換は?まとめ

新型ヴォクシーをドレスアップしているユーザーは多く、ホイールを大きくするだけでも高級感が増したり他のクルマより目立つなど様々なメリットがある。

20インチや19インチにインチアップしてタイヤのゴムから交換する場合は、専門店か慣れている所で交換しないとホイールとタイヤのゴムを外す時にリムを傷つけられることもあるので、作業工賃だけで選ぶのは危険だ。

タイヤ交換できるところは沢山あり、工賃も多少は誤差があるので調べてみてはいかがだろう。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です