新型ヴォクシーの外寸や外装や車高は?口コミは?

ヴォクシー

新型ヴォクシーは、人気のあるクルマになり運転もしやすいと言っているユーザーはとても多い。




クルマを購入する時、試乗して購入するのではなく、どちらかと言えば室内に飾ってある展示車に乗り込んで車内空間やクルマの大きさを目で確かめることがほとんどだ。

全長・全幅を把握していても役立つことは少ないが、知っていて損をすることはないので詳しくまとめた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ヴォクシーの外寸や外装や車高は?

写真撮影:M,M

全長 4,695mm

全幅 1,695mm

全高 1,825mm

※グレードZSは、3ナンバーになるので大きさも異なる

ハイブリッドとガソリンのグレードZSは、3ナンバーになるので若干大きさが異なるが他のグレードV・Xの大きさはどれを選んでも一緒になっている。

歴代のヴォクシーと比べて明らかに変わったのが、窓の大きさ・位置が下がり車高はかわりないが室内が低床フロアになっているので運転していれば目線が少し下がるので車体自体が低くなったと感じることもある。

 

http://cdn.toyota-catalog.jp/catalog/pdf/voxy-1/voxy-1_201105.pdf

ボディのデザインが、変わるだけでボディが大きく見える。

ヘッドライトなどが切れ長く変更されるだけでも全体的にメリハリが付きラインが出てボディが大きく見えたり細かい工夫がされている。

 

写真撮影:M,M

低床フロアになっているので、身長が100センチ以下の子供は自分であがることができるだろうと勝手に想像していたがとても大変そうだった。

最低地上高160mmで、軽々と乗り降りできるものだと思っていたが子供には苦戦する車高だった。

大人が使うのでは、大きさや車高の高さはとても乗り降りしやすく使い勝手がとてもいいが子供が小さければ車内に乗り込む時は注意が必要だ。

 



新型ヴォクシーボディサイズは大きい?


https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーの大きさは、ヴェルファイアなどと比べるとかなり小さくハンドル操作もスムーズにおこなうことができる。

販売の展示の仕方が、新型ヴォクシーとヴェルファイアを両隣か、もしくは近場に置いてあることが多いのでサイズの比較はしやすい。

運転席・2列目・3列目・リアのガラスは、どこも大きいので運転中とても見やすく運転が苦手な人でもなられのが早い。(個人差はあるが)

 

ヴィッツやファンカーゴと比べると、背丈も高く長さも長いので新型ヴォクシーが大きく見えるが

 

案外クルマは大きくなかった

 

インターネットでの男性の口コミの内容で、たまに見かけるが男性からすればけして大きいクルマではなく、逆に小さいくらいに感じてしまうこともあるらしい。

女性からは、新型ヴォクシーの全長4,695mmは大きくバックする時に緊張してしまうと言った声も多いが、運転席から視界が見えやすく車体になれるのもあまり時間がかからないかもしれない。

https://toyota.jp/voxy/

外観を見れば、そこまで大きく感じないが運転席に乗り後ろを振り向けばバックドアの距離までが遠く感じてしまうことがあると女性ドライバーから直接聞いたことがあるが

2列目のシートが、超ロングスライドができる新型ヴォクシーだが2列目のシートの位置を後ろに持っていくことにより通常の座席との間隔が異なり遠く感じてしまうこともある。

大げさに言えば目の錯覚で、長さは変わらないのに感覚が混乱してしまい大きく感じてしまうのかもしれない。

 




新型ヴォクシーの運転の口コミは

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーの運転の口コミをまとめると

低評価

・たまに、運転席からAピラーが死角になって見えにくいことがある
・ミラーが見えにくい
・バックする時など見えずらい

 

高評価な意見が他のミニバンに比べて多い傾向の新型ヴォクシーだが、ドライバーをアシストしてくれる装備も色々準備されている。

運転中に、死角になってしまうことのあるAピラーは正直自分で回りを確認するしかない。

ミラーを良く使う時は、バック時などがあげられるがオプションのリバース連動ミラーを装備すればギアが「R」にはいればリアタイヤ付近を映し自分で調整し直さなくても勝手にしてくれるのでとても便利な機能だ。

コーナーセンサーも装備可能になっているので、センサーから物や人などが約25~60cm付近にいればアラーム音でお知らせしてくれたりボイスで警告してくれるので心配であれば購入時に一緒に選ぶのがいいかもしれない。(反応する速度は限られているので販売店に確認)

 

ドライバーをアシストしてくれる機能は、沢山あるので必要なオプションだけを選び調整できるのも便利だ。

 

https://toyota.jp/voxy/

高評価

・大きいけど小回りがきく
・フロントドアのガラスの位置が少し下端が低くなっているので、周囲が確認しやすい
・運転席からの視界がとてもいい

新型ヴォクシーは、前方も側方も後方も見やすいように工夫がされている。

運転席からボンネットフードが見ることができ、車両感覚がつかみやすく細い道でも気を使わなくても運転ができる。

死角をできるだけなくすので、従来のヴォクシーと比べれば室内のフロントピラーがスリム化され三角窓も拡大し運転しやすいクルマになっている。

運転がしやすいか、しにくいかは個人差があるので試乗で試したり1時間くらいレンタカーで借りて長い距離を運転して試すなどおススメだ。

 

新型ヴォクシーの大きさ他社と比較すると

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーの大きさを他社で比較してみると

LLサイズ ミニバン

アルファード・ヴェルファイア・エルグランド

ミニバン

ノア・エスクァイア・セレナ・ステップワゴン

 

ミニバンも、2つに種類に分かれるがLLサイズのミニバンの大きさはとても大きいので運転が苦手な人がするとぶつけやすい可能性が増えたり、狭い道や車庫入れに困ったりする。

新型ヴォクシーと大きさ比較するなら、上にあげたクルマが並ぶことが多いが、同じトヨタのノア・エスクァイアはベースが一緒なのでサイズは同じだ。

個人的に、ホンダのステップワゴンは少し大きさが大きいかと思っていたが新型ヴォクシーと大きさが変わらなかった。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_frontview_of_Nissan_SERENA_HIGHWAY_STAR_G_ProPILOT_Edition_(DAA-GFC27)_at_Nissan_Global_Headquarters_Gallery.jpg

 

セレナに何度も乗って運転したことがあるが、車内空間は余裕があり全体的に室内は明るく広々できる空間になりミニバンの中でも人気があるクルマだが、大きさはミニバンの中では1番大きい。

セレナ新型の車体の長さ4770mm・車高1875mm、車幅1740mmで新型ヴォクシーの長さは4.695mmになっている。

少しだけ長さが長いので、室内空間の広さやトランクの収納スペースの大きさなどに差が出てくるがそれ以外はどこのクルマも似ているのでミニバンを購入する際に迷うことがあれば、やはり安全性や走行性能を比較し第一印象でもあるフロントマスクのデザインで購入を決めたることが多い。

 

写真撮影:M,M

デザインでカッコイイのは、新型ヴォクシーで間違いないと言えるだろう。

 

新型ヴォクシーの外寸や外装や車高は?まとめ

新型ヴォクシーは比較的運転がしやすい工夫が施されている。

バックする時に後方を確認しても、後ろのガラスは従来に比べ面積が広くなっているので確認がしやすくなっている。

しかし、3列目のシートを跳ね上げていると窓が隠れてしまう事があり日中や夜間のバックは気を付けないといけない。

新型ヴォクシーは、女性が運転しても直ぐになれることができると言った意見も多いので安心して運転ができるクルマになっている。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です