新型ヴォクシーのライバル対決!日産「セレナ」燃費性能は?

ヴォクシー

日産のミニバン、セレナは新型ヴォクシーのライバル車種として有名ですね。




どちらのミニバンも人気を集めていますが、どういったところで違いがあるのかは、知っておきたいところであると思います。

この記事では、新型ヴォクシーと日産のセレナについて、いくつかの点で比較していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ヴォクシーvsセレナ ガソリン車の燃費性能は?

両車種で人気を集めるのは、やはりガソリン仕様のグレードであると考えられています。

では、新型ヴォクシーとセレナのガソリンモデルは、それぞれ燃費の水準はどのようになるのでしょうか。

各車種で詳しく見ていきたいと思います。

 

①新型ヴォクシーは15km/L前後の水準

新型ヴォクシーは、2WDと4WDでそれぞれ燃費が異なっているのがポイントとなっています。

2WD…16.0km/L、4WD…14.8km/L

とそれぞれカタログ値では示されており、約15km/Lの燃費水準であると考えられそうです。

駆動形式によって極端に燃費の違いがあるわけではありませんが、やはり2WDの方が新型ヴォクシーでは燃費が優れていると評価できますね。

 

走行時のパワー面を考えると4WD仕様が最も良い選択肢になりそうですが、新型ヴォクシーで燃費を重視する時には、少し2WDが優勢になるかもしれません。

ガソリン仕様は新型ヴォクシーでは結構人気が高いので、この点はセレナと比べる時に抑えておきたいところです。

 

②セレナはグレードによって若干の燃費の違いあり

セレナはグレードによって細かい燃費の違いがあるので、細かく見ていく必要がありそうです。

全体を通しての燃費は、15.0~17.2km/Lの間であり、ミニバンとしては他の車種と同じような水準になりそうですね。

  • 2WD S、4WD G、4WD X VセレクションⅡ、4WD ハイウェイスター VセレクションⅡ … 15.0km/L
  • 4WD X、4WD ハイウェイスター … 15.8km/L
  • 2WD G、2WD ハイウェイスターG、2WD X VセレクションⅡ、2WD ハイウェイスター VセレクションⅡ … 16.6km/L
  • 2WD X、2WD ハイウェイスター … 17.2km/L

 

新型ヴォクシーに比べると、グレードによって燃費のカタログ値には少しずつ違いがあるため、比較時には少し詳しくチェックしておきたいところですね。

ハイウェイスターなどのカスタムモデルもセレナには設定され、比較対象となるグレードも充実することが想定されます。

 

③ガソリン燃費では大きな差はない

 

引用:https://cham-photo.info/tachometer/

新型ヴォクシーとセレナのガソリン仕様の燃費では、大きな差はないようです。

数値では、新型ヴォクシーは駆動形式で違いがあるだけで、ややシンプルな形態となっています。

その一方で、セレナは細かく燃費が違ってくるので比較する時には注意する必要があるかもしれません。

ガソリン車は、両モデルで人気の度合いは高い傾向にあり、初めに比較する対象に挙げられるケースが多いのではないでしょうか。

 



新型ヴォクシーvsセレナ ガソリン仕様以外のグレード設定はどうなの?

ガソリン仕様のグレードは、どちらの車種でも人気を博しているので、比較対象にもよく挙げられています。

一方で、ガソリン仕様以外のグレード設定は、どのようなものがあるでしょう。

詳しくチェックしていきたいと思います。

①新型ヴォクシーはハイブリッド仕様の設定がある

新型ヴォクシーには、ガソリン仕様と共にハイブリッド仕様が設定されています。

エンジンとモーターの2つを動力源として走行する形式であり、新型ヴォクシーではガソリン仕様と同等のグレードの充実が図られています。

何と言っても燃費の良さが際立つ部分が特徴であり、経済的にも優しいという点が魅力的なようです。

23.8km/Lのカタログ燃費が示されているため、ガソリン仕様よりも大幅に燃費が高められています。

 

ミニバンタイプの車で20km/L以上の燃費が実現できる事例はあまり多くないようなので、その部分が新型ヴォクシーのハイブリッドでは評価されています。

ハイブリッドの仕様は最近では一般的になり始め、新型ヴォクシーでも積極的に取り入れられています。

これから新型ヴォクシーを買うか検討する人には、大事な参考材料になるのではないでしょうか。

 

②セレナにはe-POWERのグレードを設定

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

新型ヴォクシーとは違い、セレナにはe-POWERのグレードが設定されています。

この車種の目玉のひとつとしても挙げられており、購入する人が多い傾向にあるようです。

e-POWERの特徴としては、エンジン出力で電力を作り、その蓄積された電力でモーターを動かして走行するという仕組みです。

ハイブリッドの仕様とは若干動力の機構に違いがあるため、その点も比較時には要チェックになるかと思います。

 

モーターをメインの動力源にしてるものの、非力になることはないと評価されています。

このような特徴についても、セレナe-POWERの大事な要素であると考えられており、新型ヴォクシーのハイブリッドとの比較を検討することがオススメされています。

このグレードでの燃費性能は26.2km/Lと、優れた水準にあると言えそうです。

最新の考えに基づく駆動形式で、燃費もガソリン仕様に比べてアップされ、評価できるかと思います。

 




.新型ヴォクシーvsセレナ 運転した感じはどうなの?

新型ヴォクシーとセレナを比較する時には、運転したときの感覚の違いも気になる部分ですね。

実際のオーナーからの意見などをまとめつつ、比較していきましょう。

①快適なハンドリングが利点となる新型ヴォクシー

新型ヴォクシーのオーナーから出る意見としては、ハンドリングが問題なく快適であるという点が挙げられています。

カーブや右左折などの基本的なハンドリングが、特にレスポンスに遅れなく実現できるので、快適に運転できるとの評判が集まっています。

ミニバンなどの大型のボディーを持った車では、ハンドリングで難を感じるケースも考えられがちです。

 

しかし、新型ヴォクシーではこういった心配はあまり必要がなく、自分の思い通りのハンドル操作ができると言えますね。

ハンドル操作がスムーズで快適に実現できる部分は、運転中は常にプラスに作用する可能性が高いです。

そのため、新型ヴォクシーのオーナーからも、この部分はプラスに評価できるところとして、よく挙げられており、参考にするべきであると言えますね。

 

②パワフルな走りが期待できるセレナ

セレナのオーナーから寄せられる運転したときの感想としては、パワフルな走りを実現できる点が度々取り上げられています。

ガソリン仕様ではもちろんのことですが、e-POWERのグレードに乗るオーナーからも、力強い走りの実現できるところが好評を得ています。

アクセルを踏んでから、すぐにスムーズな加速のできるところが一番大きなポイントとして挙げられ、非力さを感じず楽しく走行できているようです。

 

ワイドな車体に合わせて、セレナにはパワー面でも強化されていることから、このような運転時のレビューが挙げられる機会も多くなっています。

登坂や急カーブなどの走行中の厳しい環境下でも、こういったパワフルさがプラスに作用する例は多く、セレナのオーナーからの良い感想として出ています。

常にパワフルな走りを楽しみたい人や、タフな走行場面でも問題なく走れることを希望する人には、この点がセレナがプラスに感じられる要素になると思います。

新型ヴォクシーに比べても、このような部分は差別化を図る有効な点として挙げられそうですね。

 

新型ヴォクシーのライバル対決!日産「セレナ」 まとめ

新型ヴォクシーとセレナの各ミニバンをここまで比較してきました。

一番気になると思われるガソリン仕様の燃費性能は、大きな差がなく似た水準であると言えそうです。

どちらもミニバンクラスとしては燃費では優れているようなので、その点は参考にできそうですね。

 

ガソリン車以外では、新型ヴォクシーはハイブリッド、そしてセレナはe-POWERという燃費に優れたグレードがそれぞれ用意されています。

e-POWERに関しては一般的なハイブリッドとは少し機構が異なるため、注意して比較するべきですね。

最新の駆動形式として、これから注目されるものと考えられます。

 

運転時の感触も差別化の図られた結果となり、新型ヴォクシーとセレナの違いはかなり大きいようです。

同じミニバンでありつつも、細かいところまで比べてみることがオススメされます。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です