新型ヴォクシー 煌3「きらめき」のカスタムは?モデリスタとは?

ヴォクシー

新型ヴォクシー煌3のデザインは、インパクトが強く、何も触らない状態でも、カスタムしてあるかの様なデザインになっている。




カッコイイで人気の高い新型ヴォクシー煌3だが、カスタムパーツのモデリスタを使用するだけで、更にカッコよさに磨きがかかる。

新型ヴォクシー煌3専用モデリスタのカスタマーパーツを、詳しく解説してみる。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ヴォクシー煌3 モデリスタとは?

https://toyota.jp/voxy/

株式会社トヨタモデリスタインターナショナルが、モデリスタの正式名所だ。

モデリスタは、トヨタ車向けのパーツを開発しており、車種はミニバン・SUV・スポーツカーなど様々な種類がある。

レース技術で培った技術をもとに、カスタムパーツが開発されている。

新型ヴォクシーのグレード事に、専用エアロキットが準備されているのでインターネットやカタログで確認する時は、グレードを間違えないようにしないといけない。

・フロントスポイラー
・スタイリッシュモール
・リヤスカート
・シグネチャーイルミブレード(ゴールド)

価格設定は、以下の通りになっている。他のグレードと価格帯を比較しても、特別仕様車「煌3」が1番高い。

エアロキット・フロントスポイラー・リヤスカートは、未塗装も選択できるので自分好みにアレンジする事も可能だ。

エアロキット塗装済み 税込183,600円
フロントスポイラー塗装済み 税込59,400円
リヤスカート塗装済み 税込38,800円
スタイリッシュモール(メッキ)税込34,560円
スタイリッシュモール(ゴールド)税込64,800円

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシー煌3は、他のグレードと比較すればフォグランプカバーのデザインが全く違うので、何もしなくてもカッコイイ。

新車で購入し、何も触らずそのまま乗っているユーザーの割合は非常に多いが、とても勿体ないと感じてしまう。



新型ヴォクシー煌3 おススメパーツは?組み合わせは?

 

 

 

https://toyota.jp/voxy/

・フロントのみに、フロントスポイラーを取付けする

・モデリスタ エアロキット(フルエアロ)を取付けする

・シグネチャーイルミブレードのみを、取付けする

新型ヴォクシー煌3のモデリスタパーツの組み合わせは、感性こだわりによって取り付けるパーツも異なる。

フロントのみに、スポイラーを取付けてからの、車高調やサスペンションを交換して高さ調整するユーザーフルエアロが、当たり前と考えるユーザー運転の事など考え、エアロは付けないがシグネチャーイルミブレードのみを、取り付けるユーザーなど組み合わせは、色々ある。

フロントスポイラーにあるメッキ部分は、クルマを大きく見せる事ができるなどメリットが沢山あるので、とても魅力的だ。

 

https://toyota.jp/voxy/
写真撮影:M,M <https://toyota.jp/voxy/>

 

モデリスタのフロントスポイラーのみ装着していれば、真正面からでは分からないが、サイドからボディを確認すると高さが違う

街中で走っているクルマ量販店(ドレスアップできる販売店)に出入りしているクルマを観察すれば、フロントのみスポイラーが付いているクルマを見る事ができるので気になれば一度観察してみればいいかもしれない。

1ヶ所でもアレンジすれば、雰囲気は簡単に変える事ができる。

新型ヴォクシー煌3は、とてもドレスアップしやすいデザインになっている。

 




新型ヴォクシー煌3 エアロパーツの口コミは?

https://toyota.jp/voxy/

 

・モデリスタのエアロキットはとてもカッコイイ。あまり人とかぶる事が少ないので満足できる。

・トヨタグループ1社が、開発しているのでエアロの高精度に期待ができる。保証も付いているので安心できる。

・シグネチャーイルミブレード単体の取り付けでも、雰囲気を変えることができ、青色のLEDがとてもカッコイイ。

 

シグネチャーイルミブレードは高評価が多く、後から取り付けを考えるユーザーも少なくない。

新型ヴォクシーは、ミニバン売り上げ3年連続1位を達成しており、とても売れているクルマになる。

沢山売れているクルマになれば、かぶる可能性も非常に高い

モデリスタのエアロキットを付けている、新型ヴォクシー煌3は滅多に見かけないが、遭遇すれば、かなり目立ち迫力がある。

 

カタログの写真をみれば、特別仕様車煌3は何もしなくてもギラギラした雰囲気に見えてしまうが実際に見ればカタログと異なり好印象を持つ人も多い。

モデリスタのエアロが装着してある、新型ヴォクシー煌3の展示車・試乗車は、どこの販売店に行っても置いてない。

購入を検討するまでの下調べは、インターネットに掲載されている写真カタログの写真くらいでしか観覧できない状態だが、モデリスタパーツを購入したユーザーの満足度・トータルバランスの評価が高い。

モデリスタパーツの保証期間を調べると、クルマに装備してから1年間になる。期間内での走行距離も決められており、20,000kmまでが保証条件になっている。

手元に届いた時は必ず、傷・取り付け場所ひび割れ・塗装色などを確認は気を付けないといけない。

 

新型ヴォクシー煌3 カスタムするには?自分でもできるのか?

https://toyota.jp/voxy/

モデリスタのエアロキットを、取付ければ簡単にドレスアップする事ができる。

しかし、エアロ1台分の価格が高額になってしまうので、悩んでしまう。

フロントスポイラーの材料は、樹脂(ABS)になっているので耐久性は優れているが、純正に比べ車高が下がるので気を付けないといけない事が増える。

 

それに比べ、シグネチャーイルミブレードは割れたり・耐久性を心配する事が無いのでおススメだ。

シグネチャーイルミブレード(ゴールド)は、メーカーのカタログに注意書きに

フロントスポイラー取り付け後に後付けすることはできません

っと書いてあるが、後付けは可能だ。

 

ディーラーでは、クルマの整備・消耗品の交換・修理などを行ってくれる。

しかし、シグネチャーイルミブレードを後付けしようと思えば内容が異なるので、取付け不可能と記載されているのかもしれない。(直接販売店に確認して、取付けできるか聞いてみよう)

後付けするには、作業工賃が発生してしまう。自分で取付けできれば、工賃も他に回すことができるので、できれば自分で取り付けをしたい。

写真撮影:M,M

クリップ・ビスを取り外しするので工具が必要になる。

フロントバンパーを外す時は、ヘッドライトやバンパーの境界線に沿って養生テープをを貼り保護をする。バンパーを取り外す作業は、2人で行う事をおススメする。

写真に、白い丸で囲ってある場所は外すことができそうだ。イルミブレードの後ろには配線が付いているので、配線を後ろに通して、繋ぎ合わせる。

イルミブレードの固定の仕方は4カ所のボルトと両面テープで固定するので、穴あけが必要になる。

写真を見て大体の取り付けの仕方を、予想する事ができる。上記の方法は、写真を見て大体で書いてある。

フロントバンパーを取り外しする時は、コネクタービス・クリップ外し忘れ戻し忘れを必ず気を付けないといけない。

外し方の解説動画をインターネットで検索すれば、いくつか出てくるので参考にすることもできる。ディーラーで、整備士に外し方を聞いても口答で教えてくれるので聞いてみるのもいいですね。

 

新型ヴォクシー 煌3「きらめき」のカスタムは?モデリスタ まとめ

新型ヴォクシー煌3専用モデリスタのカスタムパーツは、エアロキット以外にも装備パーツも豊富にあるので、自分に合った組み合わせができる。

どのパーツを購入しても車検対応になり、モデリスタ商品に関する問い合わせ専用の、コールセンターも準備されている。

新型ヴォクシー煌3をカスタムし、個性をさらに際立たせ自分だけの特別仕様車に、アレンジしてみてはいかがだろうか。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です