新型ヴォクシーのライバル対決!三菱「デリカD:5」グレードは?

ヴォクシー

同じミニバンで人気の高いとされる新型ヴォクシーとデリカD:5は、購入時に比較しておきたいと考える人は多いかもしれません。




ミニバンの中でも、どのような部分で違いがあるか、知っておくことで購入する時にもイメージしやすくなると思います。

そこで、この記事では新型ヴォクシーとデリカD:5について、ライバル同士ということで比較していきます。

尚、デリカD:5は2019年度中に大型改良を控えるため、改良前後の両モデルについてチェックしていきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型ヴォクシーvsデリカD:5 設定グレードはどうなの?

両ミニバンを比べる上では、それぞれ設定されるグレードは詳しく見ておきたいところですよね。

各ミニバンでグレードの種類や形式がどうなのか、確認していきたいと思います。

①新型ヴォクシーは特別仕様も含め8グレードを用意

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/?padid=ag341_from_voxy_navi_grade

新型ヴォクシーには、特別仕様車を含めて8つのグレードが用意されています。

  • 特別仕様車 ハイブリッドZS 煌
  • ハイブリッド ZS
  • ハイブリッド V
  • ハイブリッド X
  • ZS GRスポーツ
  • ZS
  • V
  • X

ハイブリッド、ガソリン仕様でそれぞれZS、V、Xのグレードが設定されており、ZSグレードから各々で特別仕様車やカスタムモデルが派生します。

このような形式で、新型ヴォクシーでは8つのグレードが展開され、多くの選択肢が存在することが分かります。

比較的グレードの形態はシンプルですが、いくかつの選択肢の中から新型ヴォクシーを選べるところが特徴になります。

 

②デリカD:5は6グレードの展開を実現

デリカD:5は、現行型、そして改良型も6つのグレードが展開されています。

現行型からグレードを見てみると、

クリーンディーゼル車

  • 特別仕様車 JASPER
  • D プレミアム
  • D パワーパッケージ

 

ガソリン車

  • G プレミアム
  • G パワーパッケージ
  • M

 

そして、マイナーチェンジ後のグレードは、

スタンダード

  • P
  • G パワーパッケージ
  • G
  • M

アーバンギア

  • G パワーパッケージ
  • G

となっています。

グレード数は同じですが、枝分かれの仕方が若干異なります。

現行型のデリカD:5は、ディーゼル、ガソリンの仕様の違いで分けられていますが、

改良型は標準仕様とエアロ仕上げのアーバンギアの2タイプに分かれます。

 

この点で、改良前後でデリカD:5のグレードの形態は変動するので、どちらの型を購入するかにより、注意が必要になりそうですね。

エアロ仕様が改良型で充実するところは、デリカD:5のポイントとして挙げられそうです。

 



新型ヴォクシーvsデリカD:5 外観の特徴は?

新型ヴォクシーとデリカD:5は、外観ではどのような特徴があるのでしょうか。

それぞれの車種で、詳しくチェックしてみたいと思います。

①グレードによって表情に違いのある新型ヴォクシー

新型ヴォクシーは、設定グレードによってフロントのイメージが少しずつ違ってきます。

ZSやそれに派生する煌、GRスポーツは、スポーティーさを前面に押し出した外観に仕上げられています。

Vグレードは、ZSに比べてマイルドな外観ですが、エアロ系のグリルが随所に散りばめられ、スタイリッシュさが打ち出されています。

 

Xグレードは、新型ヴォクシーの中では一番シンプルな印象を覚えるかもしれませんが、ファミリー向けワンボックスとしてのコンセプトが強いのかもしれません。

同じ新型ヴォクシーの車種でありながらも、グレードの選び方次第では、外観や見た目では大きな違いが出てくる部分が特徴的ですね。

購入する時に、どういったスタイルの新型ヴォクシーが欲しいかに応じて、グレードを選ぶことも大事な考え方になるのではないかと思います。

 

②改良の前後で大規模にイメージが変わるデリカD:5

デリカD:5は、改良実施の前後で外観は大きく変わってくることが予定されています。

まず現行型に関しては、シンプルなフロントデザインを中心として、全体的に穏やかな印象でまとめられています。

 

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/grade/grade_01.html

発売から10年以上が経過している現在も、このデザインコンセプトが踏襲されており、変わらない部分として挙げられています。

全てのグレードで、現行型デリカD:5の外観は共通しているため、グレードによる違いもないと言っても良さそうですね。

一方でマイナーチェンジを受けた後のデリカD:5は、それまでとは大きく違ったエクステリアになることが見込まれます。

 

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/grade/standard01/

特にフロントマスクのデザインはフルモデルチェンジに匹敵する大規模な変更となり、発売前から話題を集めているようです。

 

細かいボーダーラインがいくつも重ねられた特徴的なデザインで、格好良さの追求されたものとなります。

また、スタンダードとアーバンギアでは若干デザインに差別化が図られ、特にアーバンギアではエアロパーツの充実が実現されています。

このようなグレードによる違いがあるところも、改良型のデリカD:5ではポイントのひとつとして挙げられそうですね。

 




新型ヴォクシーvsデリカD:5 価格帯はどうなの?

 

 

新型ヴォクシーとデリカD:5の販売価格も、あらかじめチェックしておきたいところですよね。

それぞれの車種の価格帯に関して、検証していきたいと思います。

 

①ハイブリッドとガソリンで価格に違いのある新型ヴォクシー

新型ヴォクシーの価格帯は、ハイブリッドとガソリンの仕様の違いで少しずつ差があるのがポイントです。

・ハイブリッド仕様 … 301.4~336.3万円

・ガソリン仕様 … 246.7~325.7万円

ハイブリッド仕様は、全て300万円台からの価格設定となる一方で、ガソリン仕様は250万円の水準から購入が可能のようです。

ガソリン仕様の最も高い金額は、GRスポーツであるため、通常グレードではZS(297万円)が最高となります。

 

価格帯としては、比較的ワイドとなっているので、新型ヴォクシーを購入しようか考える人は、自分の希望する予算に合わせたグレード選択を図ることが非常に大事になります。

ガソリン車はミニバンとしてはリーズナブルな価格設定と感じられるケースが多く、設定価格の面で高評価を得ることにも繋がっています。

ハイブリッドとガソリンの違いで、価格帯は少し違うところは新型ヴォクシーの特徴として知っておくと良いかもしれません。

 

②ハイグレードは400万円台に到達するデリカD:5

デリカD:5は、現行型では最も安いグレードが240万円から設定されています。

ガソリン車のMグレードで、最もシンプルなモデルです。

反対に、最も高い値段のグレードは、ディーゼル仕様のD プレミアムで、約406万となります。

最もハイグレードの場合は400万円台に到達するため、新型ヴォクシーよりも予算が高くなる可能性もあると言えそうです。

 

改良後のデリカD:5は、最低価格がMグレードの385万円からとなり、大幅に価格帯が見直される見込みです。

一番高いのはアーバンギア G パワーパッケージの425万円で、現行型よりも価格帯は高くなることが分かります。

385~425万円の間での販売となるため、新型ヴォクシーとは価格帯の面では重複しなくなるところも、抑えておくべき部分であると思います。

 

新型ヴォクシーvsデリカD:5 今後の展望は?

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_grade_zs_kirameki_thumb

新型ヴォクシーは、現行型のモデルで今後も販売の継続される可能性が高いと考えられます。

そのため、改良やマイナーチェンジを経ても、これまでと同様の性能や価格帯をキープすることが、現時点では濃厚と予想されています。

一方で、デリカD:5は、現行型が既に10年以上ラインナップされ続けているので、間もなく大規模なマイナーチェンジが実施される予定です。

 

それに伴い、特にデザイン面や価格帯が大きく見直され、新型ヴォクシーとの差別化や、異なる部分が増える可能性が想定されるでしょう。

直近ではデリカD;5に大きな変化が発生するため、それによって新しい車の購入を考える人のプランにも、変動が出てくるのではないでしょうか。

 

新型ヴォクシーのライバル対決!三菱「デリカD:5」 まとめ

新型ヴォクシーとデリカD:5のライバル同士の比較を、ここまで行ってきました。

デリカD:5は、近い時期に大型の改良が施されるため、改良前後のデータを交えて見てきましたが、新型ヴォクシーとの違いはかなりあるようです。

似通った部分としては、スポーティーなデザインに仕上げられている部分があげられ、特に改良型のデリカD:5はそれまでとは大きく異なった雰囲気に様変わりすることが予定されます。

 

一方で、価格帯は現状では両モデルで重複する部分もありますが、デリカD:5の改良後は新型ヴォクシーがリーズナブルに感じられることが想定されそうです。

様々な面を比較してみることで、新型ヴォクシーとデリカD:5の特徴が浮き彫りになりました。

これから購入を予定する人は、複数のポイントで比較することが、強くオススメされるかと思います。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です